受付時間
【月火水金】8:30~12:00/15:30~20:00 
【木】10:00~12:00/14:00~17:00  
【土】8:30~14:00
定休日
日曜・祝日

お気軽にお問合せ・ご相談ください

0725-46-1257

健康コラム

こむら返りの予防法③【適度な運動】

こむら返りの予防法として、私は次の4つを提案します。

 

【こむら返りの予防法】

①足の冷えを防ぐ

②水分、ビタミン、ミネラルを補給する

③適度な運動

④ストレッチとマッサージ

 

今回は、こむら返りの予防法③【適度な運動】についてお話します。

こむら返りは、運動をしている人にも、していない人にも起こります。

そして圧倒的に中高年に多い。

「えらい足が細なってな~」

加齢に伴う筋肉量の減少は誰にでも起こります。

たとえ定期的に運動していても、筋肉が痩せていくのをなかなか止められないものです。

筋肉の大事な働きのひとつにポンプ作用があります

収縮と弛緩を行うことで、ポンプの役割をして血液を循環させているのです。

筋肉が痩せるということはポンプが小さくなるということ。

運動をしていない人は、ポンプをあまり使っていないということ。

それでは血の巡りが悪くなり、ミネラルやビタミンなどの栄養補給もうまくいかなくなります。

私たちのカラダは、動かさないと疲労が蓄積しやすくなるのです。

フィットネスブームにより、中高年でもジム通いが盛んですが、過剰な運動はいけません。

健康のために運動しているのに、頻繁にこむら返りが起こるのなら、ちょっと無理をしすぎなのかも?

加齢によって血管は硬くなり、血行は悪くなっているのですから、筋肉も栄養不足になっています。

栄養不足の筋肉は脆くなっています。

運動することは良い事ですが、過剰な運動は筋肉を傷め、こむら返りの原因になってしまいます。

運動をしていない人はウォーキングからはじめましょう。

一日の理想の歩数は、1万歩と言われています。

距離にしておよそ7~8km、時間にしておよそ1時問半です。

あと、衰えやすい足の筋肉を維持にはスクワットが効果的です。

筋肉を鍛えようと思わず、血流を良くして代謝を高める目的で行うのがポイントです。

10~15回を3セット。これを一日一回やるだけでも十分です。

正しいフォームで行えば、膝が痛くて歩けない人でもスクワットはできるものです。

当院ではパーソナルトレーニングも行っているのですが、実際に膝が痛くて歩けない人もできています。

次回は、こむら返りの予防法④【ストレッチとマッサージ】についてお話ししたいと思います。

参考にしていただけるとうれしいです。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
0725-46-1257

受付時間:【月・火・水・金】8:30~12:00、15:30~20:00
     【木】10:00~12:00、14:00~17:00
     【土】8:30~14:00
定休日:日曜・祝日

新着情報・お知らせ

2022/10/19
11月3日(木)文化の日23日(水)勤労感謝の日のため休院となります。
※前後はご予約が混雑しますのでご注意ください
2022/05/01
令和4年5月から自費施術においても初見料がかかります。詳しくは料金表などでご確認ください。
2022/02/22
交通事故に遭われた方はすぐにご連絡ください。
LINEなら365日24時間、院長が対応します。
友だち追加

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

0725-46-1257

<受付時間>
【月・火・水・金】8:30~12:00、15:30~20:00
【木】10:00~12:00、14:00~17:00
【土】8:30~14:00
※日曜・祝日は除く

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

よしの整骨院

住所

〒594-0071
大阪府和泉市府中町3-1-17
中谷ビル1F

アクセス

JR阪和線 和泉府中駅 徒歩3分
駐車場:ロードインいずみ駐車場
※60分無料

受付時間

【月・火・水・金】
8:30~12:00、15:30~20:00
【木】
10:00~12:00、14:00~17:00
【土】
8:30~14:00

定休日

日曜・祝日