受付時間
【月火水金】8:30~12:00/15:30~20:00 
【木】10:00~12:00/14:00~17:00  
【土】8:30~14:00
定休日
日曜・祝日

お気軽にお問合せ・ご相談ください

0725-46-1257

筋肉の豆知識

なぜ「痛い」のに「痛い治療」が必要なのか?

なぜ、「痛い」のに「痛い治療」が必要なのか?

疑問に思うかたも多いと思います。

第1回はそのお話から。

ちょっと専門的な話になりますが、痛みには「速い痛み」と「遅い痛み」を感じる2種類の神経があります。

前者は、例えばナイフで切った時のような「鋭い、刺すような」痛みで、後者は「うずくような、重だるい」痛みが特徴です。

みなさんが普段、痛いと感じているのは「遅い痛み」のほうです。

そして、その痛みを抑えるために必要なのも「遅い痛み」なのです。

ですから、当院でのマッスルセラピーは「痛い」と思います。

でも、ただ痛いだけではいけません。

痛みの感じ方には個人差がありますが、「痛いけど気持ちがいい」がポイント。

押さえられて「重くかんじる」「他の部分にズーンとかんじる」そんなポイントに刺激が入ると、脳では認知覚が働き、「あ~、そこが悪かったんだな!」と痛みの原因とあんる場所を脳ははじめて認識できます。

こんな場所を「トリガーポイント(引き金点)」と呼びます。

押さえると「ねむくなる、胃腸がグルグル動きだす」いわゆるリラックスした状態になるんです。

もうひとつ、この「遅い痛み」を治療として身体に与えると「脳内モルヒネ」が分泌されます。

これには、全身的な鎮痛効果があります。たとえば「足裏マッサージ」で他の部分の痛みやコリがましになるというのは、その効果です。

マッスルセラピーは痛いけど、ただ痛いだけじゃない。

それは身体の求めている「痛み」なのです。

その「痛み」は、からだの「免疫力」を高め、医学の求める「元気で長生き!」するためにとても重要な刺激になっています。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
0725-46-1257

受付時間:【月・火・水・金】8:30~12:00、15:30~20:00
     【木】10:00~12:00、14:00~17:00
     【土】8:30~14:00
定休日:日曜・祝日

新着情報・お知らせ

2022/08/17
9月19日(月)敬老の日23日(金)秋分の日のため休院となります。
※前後はご予約が混雑しますのでご注意ください
2022/05/01
令和4年5月から自費施術においても初見料がかかります。詳しくは料金表などでご確認ください。
2022/02/22
交通事故に遭われた方はすぐにご連絡ください。
LINEなら365日24時間、院長が対応します。
友だち追加

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

0725-46-1257

<受付時間>
【月・火・水・金】8:30~12:00、15:30~20:00
【木】10:00~12:00、14:00~17:00
【土】8:30~14:00
※日曜・祝日は除く

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

よしの整骨院

住所

〒594-0071
大阪府和泉市府中町3-1-17
中谷ビル1F

アクセス

JR阪和線 和泉府中駅 徒歩3分
駐車場:ロードインいずみ駐車場
※60分無料

受付時間

【月・火・水・金】
8:30~12:00、15:30~20:00
【木】
10:00~12:00、14:00~17:00
【土】
8:30~14:00

定休日

日曜・祝日