和泉市、泉大津市、岸和田市で「腰が痛い」「ギックリ腰」「椎間板ヘルニアで坐骨神経痛」「交通事故でむち打ちが痛い」「頭痛に悩んでいる」方は必見。プロの施術家がコッソリ受けに来る究極の筋膜・トリガーポイントマッサージ。

WEBからのご予約はこちら
ご予約・ご相談はお気軽に TEL:0725-46-1257
〒594-0071 大阪府和泉市府中町3-1-17 中谷ビル1F

セミナー案内

エステ

吉野マッスルセラピストスクール オフィシャルサイト

一緒に働きませんか? 求人案内

まずはご相談ください! お問い合わせ

吉野公人の院長日記

明るく幸せな未来を切り拓きたい人へのメッセージ

専門家のためのブログでポイント

症例ブログ

 

 

LINE
 

 

吉野マッスルセラピストスクール

平成30年4月開講

第3期プロフェッショナルコース受講生募集中

単発受講ができるようになりました!

シークレットセミナーとは?

“シークレットセミナー”とは、プロフェッショナルセミナーの前日に行われる勉強会で、吉野の認めた者のみが参加を許されています。
プロフェッショナルコースの内容に沿って、臨床での事例・症例を紹介しながら情報をシェアしたり、実際のセミナーでは公開されないアドバンステクニックを教えたりすることは、通常のセミナーや勉強会では決してできません。
この環境で、自分の実力を評価してもらうのも良いでしょうし、本物の技術を味わうことも良い学びになるでしょう。代表の吉野やスタッフとの距離もグンと近づきますので、質問もしやすくなると思います。ただし、今回の参加資格は、過去に吉野主催の実技セミナーを受講された先生です。

資格

過去に吉野主催の実技セミナーを受講された先生なら誰でも

定員

12名
※参加したい回だけでも受講できますが、継続して参加される先生から優先的にお席を確保いたします。

受講料

5,000円(税別) ※当日受付でお支払いください

時間

プロフェッショナルセミナー前日の土曜日16時~(約3時間)
※諸事情で遅刻や早退されても全く問題ありません。お互い緊張せずに楽しく学び絆を深める勉強会です。

申し込み方法

●LINE(吉野マッスルセラピストスクールLINE@)
「氏名・〇月〇日シークレットセミナー受講を希望します」とメッセージ送信してください。
https://line.me/R/ti/p/%40cei9694y

●メール:
件名に「氏名・シークレットセミナー申し込み」、本文にご質問などあればご記入いただきyoshino_myocare@yahoo.co.jpへ送信してください。
基本的に全ての連絡はLINEで行います。LINEをやっていない方のみメールでやり取りします。携帯またはスマートフォンの場合はパソコンからのメールが受信できるよう、あらかじめ設定してください。

マッスルセラピスト養成塾とは?

マッスルセラピー(筋肉治療)で本当に必要なものはテクニックではなく、リバウンドを最小に抑え、最大の治療効果をあげるための“手技力”です。“マッスルセラピスト養成塾”では、他のセミナーでは決して学ぶことのできない手技力を強化します。
参加資格は、マッスルセラピーに興味のある方なら誰でもOKです。国家資格保持者、整体師、学生をはじめ、エステティシャンや美容師、ご家庭で家族をケアしたいと考える一般の方も参加いただけます。
初心者なら、手の使い方の勉強から始め、徐々に症例アプローチのルーティンを学ぶ、ベテランならアドバンステクニックを磨いたり、臨床での疑問を解決する場にするも良し。活用の仕方はあなた次第です。

対象者

マッスルセラピーに興味のあるすべての方

資格

マッスルセラピーに興味のある方ならプロ、学生、一般は問いません

定員

12名
※参加したい回だけでも受講できますが、継続して参加される先生から優先的にお席を確保いたします。

受講料

一般 3,000円、学生 2,000円(税別)
※当日受付でお支払いください

時間

土曜(基本第2土曜):16:30~19:00
木曜(基本第3木曜):17:30~20:00

※諸事情で遅刻や早退されても全く問題ありません。お互い緊張せずに楽しく学び絆を深める勉強会です。

講師

楠浩司、福留大介、気まぐれで吉野公人

申し込み方法

  • LINE(吉野マッスルセラピストスクールLINE@)
    「氏名・〇月〇日マッスルセラピスト養成塾受講を希望します」と
    メッセージ送信してください。
    https://line.me/R/ti/p/%40cei9694y
  • ホームページ:「よしの整骨院ホームページ」の「セミナー案内」から申し込みください。
  • メール:申込書の項目をすべてご記入いただきyoshino_myocare@yahoo.co.jpへ送信してください。
  • FAX:申込書の項目をご記入いただき0725-46-1257へ送信してください。
  • 郵送:申込書の項目をご記入いただき、下記住所までご郵送ください。
    〒594-0071 大阪府和泉市府中町3-1-17
    YMC ラボラトリー株式会社 吉野マッスルセラピストスクール事務局

※注意事項
受講申込み受付後のご案内は、基本的にLINEで行います。

LINEを使用していない方のみメールでやり取りします。
携帯またはスマートフォンの場合はパソコン(info@ymc-lab.comおよびyoshino_myocare@yahoo.co.jp)からメールが受信できるよう、あらかじめ設定してください。

【 平成30 年(2018)マッスルセラピスト養成塾日程 】

1月13日(土)、18日(木)

2月10日(土)、15日(木)

3月10日(土)、15日(木)

4月19日(木)、21日(土)

5月12日(土)、17日(木)

6月9日(土)、14日(木)

7月7日(土)、19日(木)

8月23日(木)、25日(土)

9月8日(土)、13日(木)

10月13日(土)、18日(木)

11月10日(土)、15日(木)

12月8日(土)、13日(木)

プロフェッショナルコース

セミナーの目的

筋臨床運動学講義
MPS(筋膜性疼痛症候)を発現する原因筋を特定するには、筋運動学の知識が必要不可欠となります。臨床において、筋運動学的視点で視診・問診・検査を行うために必要な知識を身につけることを目的とする講義を行います。
筋臨床運動学は必ずしも筋肉を対象にした治療手技だけに必要な知識ではありません。関節モビライゼーションなど、他の治療手技を行う場合にも必ず役立ちます。ぜひ、他の治療手技を行っている方にも受講をおすすめします。この講義を参考にすることで、少しでも臨床における分析の手助けになれば幸いです。
※講義のみの受講が可能です。
実技編(プレコンディション)
筋肉治療(マッスルセラピー)の技術を短期間で、臨床に活用できるようにすることを目的とします。
単なる技術の習得だけではなく、臨床現場へ早期に参加するために必要なスキルを身につけてもらいます。その技術習得のための前提条件(プレコンディション)を伝授いたします。
筋肉治療(マッスルセラピー)の基礎技術を早期に身につけ、初心者でも頻度の高い症例に一日でも早く対応していくことが目標です。
実技編(ベーシック)
臨床で必要とされる、すべての筋肉治療(マッスルセラピー)基本テクニックおよび重点的テクニックを習得することを目的とします。
更に“運動の連動”を考慮した関節調整テクニックを伝授いたします。
臨床的な基本的治療ルーティンおよび症例別重点的アプローチ法を身につけ、実費治療にまで対応していくことが目標です。

※当セミナー参加者には、「吉野シークレットセミナー」への受講資格が与えられます。

対象者

  1. これからマッスルセラピーを本格的に学ぼうという初心者
  2. すでにマッスルセラピーを学び、更なるレベルアップを目指す筋肉治療家
  3. マッスルセラピーを学んできたが、再度徹底的に基礎から技術を修正したいという筋肉治療家
    ※国家資格の有無は問いません。

習得の方法

我流やアイディア的な手法ではなく、原則に基づく徒手療法の基礎と実践を体験式に学び本物の“手技力”を学んでいただきます。毎回与えられる課題を次回まで繰り返し練習し、疑問はその都度メール相談で解決していきます。

募集人数

  • プロフェッショナルコース 定員12名

受講料

※料金はすべて税抜表示です

第3期プロフェッショナルコースより実技の単発受講ができるようになりました。

  ベーシック修了者
プロフェッショナル修了者
プレコンディション修了者
新規
※マッスルセラピスト養成塾のみの受講生は新規となります。
①一括全納 198,000円
【特典】10%割引
396,000円
【特典】10%割引
②2回分納
初回(12回分)
2回目(10回分)
220,000円
初回 120,000円
2回目 100,000円
440,000円
初回 240,000円
2回目 200,000円
③単発受講(1日) 10,000円 20,000円
④単発受講(半日) 5,000円 設定なし

※注意事項
継続受講の場合、途中退会されても一旦受領した受講料の払い戻しはできません。欠席された場合には、その回の実技のみ無料でDVDをお渡しする予定です。2回以上の分割を希望される方はご相談ください。

講義のみ受講される方は 受講料は当日受付でお支払いください。

「筋臨床運動学」テキスト代 定価(本体8,000円+税)
継続受講
(全13回受講される場合)
65,000円※振込にて一括全納
【特典】テキスト無料進呈
単発:各回の受講料 5,000円
6,000円
※テキストを購入せずに
各回の資料を希望する場合

※注意事項
講義は途中からでも受講できます。単発での受講もできますが、継続して受講されている方から優先的にお席を確保いたします。
プロフェッショナルコース受講生には筋臨床運動学テキスト(約200ページ)を無料進呈いたします。

申し込み方法

  • LINE(吉野マッスルセラピストスクールLINE@)「氏名・第3期プロフェッショナルコースの受講を希望します」とメッセージ送信してください。
    https://line.me/R/ti/p/%40cei9694y
  • ホームページ:「よしの整骨院ホームページ」の「セミナー案内」から申し込みください。
  • メール:申込書の項目をすべてご記入いただきyoshino_myocare@yahoo.co.jpへ送信してください。
  • FAX:申込書の項目をご記入いただき0725-46-1257へ送信してください。
  • 郵送:申込書の項目をご記入いただき、下記住所までご郵送ください。
    〒594-0071 大阪府和泉市府中町3-1-17
    YMC ラボラトリー株式会社 吉野マッスルセラピストスクール事務局

※注意事項
プロフェッショナルコースに関するご案内は、すべてメールにてお知らせいたします。
携帯またはスマートフォンの場合はパソコン(info@ymc-lab.comおよびyoshino_myocare@yahoo.co.jp)からメールが受信できるようあらかじめ設定してください。

プロフェッショナルコースおよび講義の継続受講に申込みされた方へは、お支払い方法を含め、受講のご案内を書面で郵送いたします。

実技および講義の単発受講をされる方には、書面でのご案内はいたしません。 LINE またはメールにて「氏名・〇月〇日の講義または実技(午前or午後)の受講を希望します」とメッセージ送信してください。担当者より折り返し返信いたします。

吉野マッスルセラピストスクール申込用紙はこちらからダウンロード出来ます。

講師

よしの整骨院 院長 吉野公人

会場


拡大図を見る

●よしの整骨院
大阪府和泉市府中町3-1-17 中谷ビル1F
TEL:0725-46-1257
JR阪和線和泉府中駅東口から徒歩4分
和泉市コミュニティーセンターから徒歩約10分

セミナー時間

●午前(講義or実習):(受付開始) 9:00 (セミナー時間)9:30~11:30
※講義は11:15までの予定
●午後(実習) :(受付開始)12:30 (セミナー時間)13:00~16:00
※セミナー開始5分前までに受付をお済ませください。
※午後の受付開始時間まで実技会場は施錠いたします。
恐れ入りますが、昼食は近隣の飲食店やコンビニをご利用ください。

スケジュール 2年1クール(全22回)

第01回 平成30年4月15日(日) ●午前:【講義】 臨床運動学総論①
●午後:【実習】 ①患者ポジショニング、施術者姿勢、マッスルセラピーテクニック原則
②最長筋アプローチを利用した手技感覚獲得
第02回 平成30年5月20日(日) ●午前:【実習】 ①下腿後面内側筋群と半腱様筋アプローチを利用した手技感覚獲得
●午後:【実習】 ②殿筋群アプローチ ③最長筋アプローチ復習
第03回 平成30年6月17日(日) ●午前:【講義】 臨床運動学各論②
*頚部、肩上部、胸背部領域の痛みに関与する筋群
①半棘筋 ②腸肋筋 ③最長筋 ④多裂筋 ⑤板状筋 ⑥肩甲挙筋 ⑦斜角筋 ⑧棘上筋 ⑨菱形筋 ⑩僧帽筋 ⑪胸鎖乳突筋 ⑫後頭下筋群
●午後:【実習】 ①頚部および胸背部領域位アプローチ(基本的アプローチ)
②頚肩部基本的伸張手技(ストレッチング)
第04回 平成30年7月22日(日) ●午前:【実習】 ①肩甲帯アプローチ
●午後:【実習】 ②胸背部領域(最長筋、腸肋筋、多裂筋)アプローチ ③肩上部領域アプローチ
第05回 平成30年8月19日(日) ●午前:【講義】 臨床運動学各論③
頭部、顎関節周辺、前頚部、咽領域の痛みに関与する筋群
①側頭筋 ②咬筋 ③内・外側翼突筋 ④後頭前頭筋 ⑤耳介筋 ⑥顎二腹筋 ⑦茎突舌骨筋 ⑧顎舌骨筋 ⑨おとがい舌骨筋 ⑩肩甲舌骨筋
※(補足)頚肩部, 胸背部領域の痛みについての筋運動学的考察
●午後:【講義】 ①側頭筋、咬筋、外側翼突筋アプローチ、顎関節ストレッチング
②頭部領域アプローチ
③肩上部領域アプローチ復習
第06回 平成30年9月30日(日) ●午前:【実習】 ①前頚部および咽領域アプローチ
●午後:【実習】 ②頚肩部痛に対する視診・問診・筋運動学的検査および症例治療
第07回 平成30年10月21日(日) ●午前:【講義】 臨床運動学各論④
※腰殿部から下肢領域の痛みに関与する筋群I
①腸肋筋 ②最長筋 ③多裂筋 ④腰方形筋 ⑤大殿筋 ⑥中殿筋 ⑦小殿筋 ⑧深層外旋六筋 ⑨半腱様筋 ⑩半膜様筋 ⑪大腿二頭筋
●午後:【実習】 ①殿部および下肢基本的アプローチ ②下腿および大腿後面ストレッチング
第08回 平成30年11月18日(日) ●午前:【講義】 臨床運動学各論⑤
※腰殿部から下肢領域の痛みに関与する筋群II
⑫外側広筋 ⑬腓腹筋 ⑭膝窩筋 ⑮ひらめ筋 ⑯長母趾屈筋
※胸部および腹部領域の痛みに関与する筋群
①大胸筋 ②小胸筋 ③前鋸筋 ④外・内腹斜筋 ⑤腹横筋 ⑥腹直筋 ⑦錐体筋 ⑧大腰筋 ⑨腸骨筋
●午後:【実習】 ①シムズ肢位での殿筋と下肢外側重点的アプローチ
②殿部および下肢基本的アプローチ復習
第09回 平成31年1月20日(日) ●午前:【実習】 ①胸背部領域(最長筋、腸肋筋、多裂筋)アプローチ復習
②腰部基本的伸張手技(ストレッチング)
●午後:【実習】 ③腹部筋アプローチ(基本的アプローチ) ④胸部筋アプローチ
第10回 平成31年2月17日(日) ●午前:【講義】 臨床運動学各論⑥
※(補足)腰殿部から下肢領域の痛みについての筋運動学的考察
※(補足)腰殿部から下肢領域の痛みについての筋運動学的検査法
●午後:【実習】 ①腰殿部痛に対する視診・問診・筋運動学的検査および症例治療
第11回 平成31年3月17日(日) ●午前:【実習】 ①腹斜筋・腰方形筋・大腰筋に対する重点的アプローチ
●午後:【実習】 ②大殿筋および中殿筋後部線維に対する重点的アプローチ
③大腿筋膜張筋・中殿筋前部線維・小殿筋・外側広筋に対する重点的アプローチ
第12回 平成31年4月21日(日) ●午前:【講義】 臨床運動学各論⑦
※股関節領域の痛みに関与する筋群 ①大殿筋 ②中殿筋 ③小殿筋 ④大腿筋膜張筋 ⑤外側広筋 ⑥大腿直筋 ⑦深層外旋六筋 ⑧長内転筋 ⑨大内転筋 ⑩大腰筋 ⑪腸骨筋
※股関節の痛みについての筋運動学的考察
●午後:【実習】 ①鵞足構成筋(半腱様筋、半膜様筋、薄筋、縫工筋)および内転筋群に対する重点的アプローチ(※股関節の痛みに対応するテクニック)
②股関節の痛みに対する症例治療
第13回 平成31年5月19日(日) ●午前:【実習】 ①鵞足構成筋(半腱様筋、半膜様筋、薄筋、縫工筋)および内転筋群に対する重点的アプローチ(※膝関節の痛みに対応するテクニック)
●午後:【実習】 ②下肢前面筋に対する基本的アプローチ
第14回 平成31年6月16日(日) ●午前:【講義】 臨床運動学各論⑧
※膝関節領域の痛みに関与する筋群 ①外側広筋 ②大腿直筋 ③内側広筋 ④中間広筋 ⑤膝関節筋 ⑥半腱様筋 ⑦半膜様筋 ⑧大腿二頭筋 ⑨縫工筋 ⑩薄筋 ⑪長内転筋 ⑫大内転筋 ⑬腓腹筋 ⑭膝窩筋 ⑮ひらめ筋
※膝関節の痛みについての筋運動学的考察
●午後:【実習】 ①大腿四頭筋に対する重点的アプローチ
②膝関節の痛みに対する症例治療
第15回 平成31年7月21日(日) ●午前:【実習】 ①ひらめ筋外側線維および長母趾屈筋に対する重点的アプローチ
②大腿二頭筋アプローチおよび下腿後面ストレッチング復習
●午後:【実習】 ③足底筋アプローチ
④下肢後面内側アプローチ復習(※踵~足底の痛みに対応するテクニック)
第16回 平成31年8月18日(日) ●午前:【講義】 臨床運動学各論⑨
※足関節および足領域の痛みに関与する筋群
①前脛骨筋 ②長母趾伸筋 ③長趾伸筋 ④第3腓骨筋 ⑤長・短腓骨筋 ⑥短趾・母趾伸筋 ⑦ひらめ筋 ⑧長母趾屈筋 ⑨長趾屈筋 ⑩後脛骨筋 ⑪母趾外転筋 ⑫短母趾屈筋 ⑬短趾屈筋 ⑭足底方形筋 ⑮小趾外転筋 ⑯短小趾屈筋 ⑰小趾対立筋
※(補足)足関節から足部の痛みについての筋運動学的考察
●午後:【実習】 ①長・短腓骨筋, 第3腓骨筋, 短趾伸筋, 短母趾伸筋アプローチ
②足関節および足領域の痛みに対する症例治療
第17回 平成31年9月8日(日) ●午前:【実習】 ①肩の痛みに対する基本的アプローチ(肩甲帯アプローチ)
●午後:【実習】 ②三角筋後部線維および棘下筋に対する重点的アプローチ
③肩前面の痛みに対するアプローチ
第18回 平成31年10月20日(日) ●午前:【講義】 臨床運動学各論⑩
※肩の痛みに関与する筋群I
①三角筋 ②棘上筋 ③棘下筋 ④小円筋 ⑤肩甲下筋 ⑥上腕三頭筋 ⑦上腕筋 ⑧烏口腕筋 ⑨大円筋
●午後:【実習】 ①三角筋中部線維に対する重点的アプローチ
②腋窩筋群に対する重点的アプローチ
第19回 平成31年11月17日(日) ●午前:【講義】 臨床運動学各論⑪
※肩の痛みに関与する筋群II
⑩広背筋 ⑪前鋸筋 ⑫大胸筋 ⑬小胸筋 ⑭肩甲挙筋 ※(補足)肩の痛みについての筋運動学的考察
●午後:【実習】 ①肩の痛みに対する症例治療
第20回 平成32年1月19日(日) ●午前:【実習】 ①肘筋、尺側手根伸筋、指伸筋アプローチ
(※腱鞘炎および肘の痛みに対応するテクニック)
②尺側手根屈筋および深指屈筋アプローチ(※ばね指に対応するテクニック)
●午後:【実習】 ③指伸筋、長・短橈側手根伸筋、腕橈骨筋アプローチ
(※テニス肘(上腕骨内側上顆炎)に対応するテクニック)
④前腕屈筋群(尺側手根屈筋、深指屈筋を除く)に対するアプローチ
(※ゴルフ肘(上腕骨外側上顆炎)に対応するテクニック)
第21回 平成32年2月16日(日) ●午前:【講義】 臨床運動学各⑫
※肘および手関節、手指の痛みに関与する筋群I
①上腕三頭筋 ②上腕筋 ③肘筋 ④腕橈骨筋 ⑤長・短橈側手根伸筋 ⑥回外筋 ⑦指伸筋 ⑧小指伸筋 ⑨示指伸筋 ⑩尺側手根伸筋 ⑪長母指外転筋 ⑫短母指伸筋 ⑬長母指伸筋
●午後:【実習】 ①母指球筋、小指球筋アプローチ ②骨間筋アプローチ、ストレッチング(※突き指に対応するテクニック)
第22回 平成32年3月15日(日) ●午前:【講義】 臨床運動学各論⑬
※肘および手関節、手指の痛みに関与する筋群II
⑭円回内筋 ⑮橈側手根屈筋 ⑯長掌筋 ⑰尺側手根屈筋 ⑱浅指屈筋 ⑲深指屈筋 ⑳長母指屈筋
●午後:【実習】 臨床的アドバンステクニック
①側臥位での後頭下~頚部~肩上部アプローチテクニック
②側臥位での脊柱筋(最長筋、腸肋筋)および腰方形筋アプローチテクニック

※詳細は受講申し込み受付後にご連絡いたします。
※会場の都合等により、スケジュールが変更になることがございます。ご了承ください。

吉野マッスルセラピストスクール エントリーフォーム セミナーのエントリーはこちらから

PAGE TOP